ネット小説をさすらう

ネット小説をさすらう ホーム » 
「ネット小説をさすらう」にようこそ!
こちらは、数多あるネット小説から、空月のお気に入りを紹介するブログです。
記事にある【紹介文】は、空月が(自分の萌えに基づき)アレンジしたものになりますので、 もし、作品の内容と違う等のご意見がありましたら、コメント等でお知らせくださいね。
また、「この作品いいよね!」という同好の士がおられましたら、 拍手ボタン等でお知らせいただけると、ほかの方の参考になるかもしれません♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安定志向の山田さんによる異世界転生」 作者:加茂セイ さま

なかなかシビアな異世界転生サバイバルもの。
淡々と冷静な山田さんと、元気な子どもたちが活躍します。
魔物に追いかけられますので、とにかく大変。
ちょっと変な動きをする精霊たちがかわいいです♪

・「安定志向の山田さんによる異世界転生」 作者:加茂セイ さま
 http://ncode.syosetu.com/n0532dg/

【紹介文】
市役所の職員として働いていた山田儀一(四十二歳、独身男性)は、テロに巻き込まれて命を落とした。
平和なはずの日本で起きた、同時多発テロでの死者は百三十六名。
死後の世界、ろくでもない神様との面接の場で、儀一はとんでもない裏事情を知らされる。
「つまり、私たちが魔物たちがいる異世界でサバイバルする様子を、見て楽しむと」
「大正解! いや、君は本当に話が分かるね」
ようするに神様たちは、異世界転生した人間が右往左往しながら必死で生きていく姿を見て楽しむために、
ドキュメンタリー番組を製作することにしたのだ。
せっかく転生させた人間がすぐに死んでしまっては面白くないからと、神様は特別な力をひとつだけプレゼントしてくれるという。
儀一が転生する世界は、魔物がはびこり、魔法がある、中世ヨーロッパぐらいの文明だという。
しかし、二十代に若返った儀一の目の前に広がっているのは、オークが支配する魔物の森だった。
いきなり命の危機はハードモード。儀一がもらった特殊能力「マンション召喚」は役に立つのか!?

【キーワード】異世界転生 サバイバル ちょとシリアス 元気な子供たち 神様はポンコツ
関連記事
スポンサーサイト

「グルノールの転生少女 ~ないない尽くしの異世界転生~」 作者:ありの みえ

中世ヨーロッパ風な異世界ですが、よくある異世界モノと国の仕組みなどが違って面白いです。
貴族でも功績がないと平民になっちゃうとか、王様の子でも領地をちゃんと治めないと王位継承権がもらえないとか。
・・・現代日本より仕組みがシビアかも(笑)
獣人はいませんが、人間が猫耳をつけるのは仕様なので、コスプレも楽しめます♪

「グルノールの転生少女 ~ないない尽くしの異世界転生~」 作者:ありの みえ
http://ncode.syosetu.com/n1100dk/

【紹介文】
女子の異世界転生モノです。

ティナは貴族の血をひくけど、生まれは貧しい村民暮らし。
両親は流行り病で亡くなるけど、縁あって騎士団長レオナルドさんの妹に。

日本語が読めると国に売られると知り、転生したことは隠したいけど、流行り病の治療法が日本語で書かれた医学書は翻訳したい。
ジレンマを抱えながらも、グルノールの街での生活に馴染み、レオナルドお兄さまとの信頼も深まっていく。

しかし、ある事件からついに転生者であることがバレてしまい・・・。


関連記事

ツイッターに、ちょこちょこと。

最近の「なろう」は、いいなぁと思う作品がすぐに書籍化してしまうので、わざわざ紹介しなくてもいいかな、とも思ってしまいます。
皆さん、よく見てるってことでしょうか。
すっかりサイレント読み専ですが、少しだけ読んでる足跡を残そうと、ツイッターを復活させました。
他の方の「読んだよ🎵」ツイート数を見ると、それがどういう意味を持つか気になりますが、ちょっとだけど、作者さんに応援してるよ、という気持ちが伝わればいいなぁと思っています。
関連記事

「はるあらし」 作者:はな さま

ハルさん、大好きです!

デパートのイベントショーに飛び入り参加したり、ショップ店員さん相手にアドリブで寸劇したり。
友達だとちょっと大変だけど、友達の友達ぐらいだったら、笑い話でいいかも(笑)。

周囲に流されまくってきた哲秋がハルさんに出会って、最後には・・・。
ハルさんの影響は大きいですね!

・「はるあらし」 作者:はな さま
 http://ncode.syosetu.com/n8252cg/

【紹介文】
桜庭家の次男・桜庭哲秋(28)は、気の乗らない見合いをさせられていた。

――会ってから、断ればいいか。

そんな気持ちで臨んだ見合いの相手は、日本人形のような美人・菊里春音さん。
桜庭家の系列会社の社長令嬢だった。

しかし、このお見合い、ただのお見合いではなかったのだ。

お互いの事情から、仮のお付き合いをすることになった哲秋とハルさんだったが、その先には様々なトラブルが。
二組の家族をめぐる、ハート・ウォーミングな物語。

【キーワード】お見合い 面白カップル ちょとシリアス 泣ける 完結
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。